menu
野球肘や野球肩などの故障治療TOP 野球肘・野球肩の治療 野球肘や野球肩などの治療サービス内容と料金 野球肘や野球肩などの治療サービス流れ お客様の声
推薦の声 ベースボールメディカルセンター代表プロフィール 野球肘や野球肩などの治療ブログ アクセス メール

野球肘・野球肩の改善は野球専門のトレーナーによるマンツーマン治療

なぜ野球肘や野球肩が発生するの?

野球肘や野球肩の発生は「オーバーワーク」による投げ過ぎから故障する選手(急性期)と「投げ方によって痛みが出る(フォームに問題がある)」選手(慢性期)に大きく分けられます。
急性期の選手の痛みはオーバーワークによる使い過ぎです。筋肉や腱に炎症が起こり痛みが出ます。酷い時には骨にも影響が出ることもあります。
慢性期の選手の痛みは投げ方(フォーム)がきっかけで肘や肩に炎症を起こして痛みを伴うものです。
このような選手の特徴は
○日常生活動作で痛みはない。
○投げた時のみ痛みや違和感が出る。
○整形外科や整骨院、整体院などに通っても状態の変化はなく投げると痛みが出てくる。
等です。
ベースボールメディカルセンターは野球肘・野球肩の深い悩みを持った選手のための専門施設です。急性期の選手に対する「施術治療」、慢性期の選手に対しての「動作改善(フォーム改善) 」治療に分けられます。

なぜ野球肘や野球肩が発生するの?

「選手の治したい」のために!

ベースボールメディカルセンターは通常の整骨院や整体院治療の「ストレッチ」や「マッサージ」治療とはおおきく異なります。それは「投げながら治す」治療メソッドで選手の「治したい野球肘・野球肩」を叶えています。
治療の進む基準は現状の痛みの状態やボールを投げた時の動作、身体の柔軟性や関節可動域、筋出力、故障部位の緊張度に合わせて治療メソッドを設定しています。

野球肘・野球肩を直す

なぜ「野球肘・野球肩」が投げながら治るの?

野球肘・野球肩が治らずに痛みが続く選手の治療としては
「ストレッチを数ヶ月繰り返したのに…」
「カラダが柔らかくなったのに…」
「ボールを投げないで我慢して休んだのに…」
という悩みはあるのではないでしょうか?
投げないで数ヶ月休み野球ができないことは選手にとって非常に困難なことです。
ましてや治療で「カラダが柔らかくなって投げてもよいって言われたのに…また痛みって…」
ベースボールメディカルセンターの野球肘・野球肩治療の考え方は根本原因である「投球動作を改善して痛みをとる」ということです。
痛みの要因を治しても、「原因」を改善しない限り根本解決はしません。
「投げも痛みが出ない投球フォーム」になるためにマンツーマンで徹底的に動作を改善しサポートします!ベースボールメディカルセンターの独自のプログラムで進行していきます。

野球肘・野球肩」が投げながら治る

野球肘・野球肩治療ための「医学的根拠」×「運動力学」×「投球動作メカニズム」に基づいた動作トレーニング!

投球メカニズム、運動力学、解剖学、関節の原理原則の理論に基づき正しい身体の動きを身につける「動作トレーニング」プログラムになってます。
選手の関節可動域、筋出力、柔軟性、骨格(姿勢)に合わせた動作トレーニングや、関節機能に合わせた投球ドリルで動作練習を進めていきます。
さらに一般の野球塾や治療院では触れる事のない野球選手のための「肘・肩の腱トレーニング」は野球肘・野球肩のリハビリに効果的です。

野球肘・野球肩治療

「ドリル練習メニュー」+「動画撮影」で自宅練習の再現を高める!

ベースボールメディカルセンターで指導を受けた選手は改善中の課題となる動きをメニュー化してご自宅でドリルを行い身体の使い方を習得しています。
今までのストレッチに使っていた時間を「動作トレーニング」に変え、正しい身体の使い方で投球フォームを覚えて頂いています。
また、ベースボールメディカルセンターで指導を受けた選手は練習時の動画を自宅に持ち帰って頂いています。
それは自宅での個人練習に活用して頂き「正確にドリルの動きを覚えてほしい」からです。

自宅練習の再現を高める

ベースボールメディカルセンターの役割!

「野球肘・野球肩を治して、完全復帰を目指してサポートします!」
1度来院されても2回目が混んでいて予約が取れないとかがないように極力、来た選手を優先にご予約を取って進めています!
その理由は開始時にベースボールメディカルセンターと選手で野球肘・野球肩の治療の目標設定をさせて頂き、目標達成に向けて取組んでいるからです。
動作が定着し痛みなく投球が出来て、ベストなパフォーマンスを行える選手をサポートすることがベースボールメディカルセンターの役割です。

野球肘・野球肩を治して、完全復帰

スポーツ障害専門の整形外科医師やプロ野球選手も推薦する「動作改善と故障を同時に解決できる野球専門プロ施設ベースボールメディカルセンター!」

小学生からプロ野球選手まで、たくさんの選手が理想のフォームを求めてベースボールメディカルセンターに来院されます!
特に野球肘や野球肩に悩まれている小学生・中学生・高校生の選手が多いです!
ベースボールメディカルセンターでは正しい動作を習得するために体の使い方を「一つずつ丁寧に指導します!」
整形外科の先生さえも「病院のリハビリをするより、この指導の方がいい」と絶賛していただいております。
ベースボールメディカルセンターは投げながら理想のフォームを身に付け野球肘・野球肩を治す専門施設です。

野球肘・野球肩を治す野球専門プロ施設ベースボールメディカルセンター

スポーツ障害専門の整形外科 あんしんクリニック 山上直樹 先生

野球肘・野球肩の改善は野球専門のトレーナーによるマンツーマン治療のページ
Top
メニュー
slidemenu-close