menu
野球肘や野球肩などの故障治療TOP 野球肘・野球肩の治療 野球肘や野球肩などの治療サービス内容と料金 野球肘や野球肩などの治療サービス流れ お客様の声
推薦の声 ベースボールメディカルセンター代表プロフィール 野球肘や野球肩などの治療ブログ アクセス メール

推薦の声

高校1年のとき初めて相澤さんの指導を受けて、それまで感覚だけで投球してきた僕に、体の機能や投球メカニズムを熱く指導してくれました。
野球日本代表 侍ジャパン 西野勇士 投手
野球肩治療推薦の声
高校1年のときに初めて相澤さんの指導を受けて、それまで感覚だけで投球してきた僕に、 体の機能や投球メカニズムを熱く指導してくれました。当時、球速が130km/hぐらいだったのが、、、
高校2年の夏には141km/h出るようになって、僕以上に周りが驚いていました。 そのころからプロを意識し始めました。
千葉ロッテマリーンズ 野球日本代表 侍ジャパン 西野勇士 投手 (2015年時点)
球速130km/h台から→150km/hへ
野球肩野球肘治療推薦の声
高校時代MAX143km/hの直球が、プロ入後にコントロールとかを気にして、フォームを崩し130km/h台に失速。自分ではどうにも修正が出来なくなった時に、高校時代に指導を受けた相澤さんと動作改善に本気で取り組みました。6回の指導で高校時代を超える150km/hの速球と投手としての自信を取り戻すことが出来ました。
相澤さんは「プロ野球選手西野勇士の共同開発者」
まず相澤さんの指導の特徴は選手個人の特性と個性を、必ず見極めてくれる事です。改善動作の必要性を選手が納得いくまで説明してくれるので、自分のカラダにあった投球メカニズムを一緒に作っていける言うなれば「プロ野球選手西野勇士の共同開発者」ですね。
初めての指導は驚きと圧巻の連続。 カラダが動きだした!!

野球肘治療推薦の声高校1年の時に監督が色々調べてくれて、「ここにいってこい!」って言われて相澤さんに初めて指導を受けました。感覚だけで投球してきた僕に、カラダの機能や投球メカニズムを本気で理解させようとする熱のこもった指導はまさに圧巻でした!ピッチングの価値観が180度変わるくらい新鮮な驚きに満ちたもので、いざ言われた通りやってみると、不思議とカラダが上手く動きだしたんです!手の振りもスムーズになったので、「これはこの人から全部吸収するだけだな」と思いましたね。元々130km/hくらいだったのが、一冬で135km/h、夏には141km/h出るようになって、これには僕もびっくりしたけど、僕以上に周りはもっと驚いてましたね。この頃からプロを意識し始めて、意識が格段に変わりました。投球メカニズムの理解も深まり、自分で微調整が出来るようになったのが、今の結果として表われていると思います。

ベースボールメディカルセンターはケガの施術も技術指導も同時に出来る言わば「野球選手にとって理想的な施設」ですね。
千葉ロッテマリーンズ
黒沢翔太 投手
ケガの施術も技術指導も同時に出来る
小学校の頃から足が速くて、ジャンプ力も高く、身体能力では人に負けない自信があります。 でも投球になると思ったように力がボールに伝わらない。
自分では力が伝わらない理由が全くわからなかったが、 相澤さんは握手をした瞬間にその理由を瞬時に発見してくれました。
ケアと技術を一緒にできるのは選手にとって理想の施設
野球選手にとって理想的な施設
プロであってもアマチュアであっても、怪我をしたらドクターやトレーナーに診てもらう。練習再開のGOサインが出て初めてコーチに技術の指導をしてもらう。 これが当たり前だと思っていましたが、ベースボールメディカルセンターはケガの施術も技術指導も同時に出来る言わば「野球選手にとって理想的な施設」ですね。
握手だけで見抜いた、球速が速くならない理由
小学校の頃から足が速くて、ジャンプ力も高く、身体能力では人に負けない自信があります。でも投球になると思ったように力がボールに伝わらない。自分では力が伝わらない理由が全くわからなかったが、相澤さんは握手をした瞬間にその理由を瞬時に発見してくれました。
野球腱トレと動作改善療法で初めて手応えを感じた
野球腱トレと動作改善療法球速が速くならない理由、それは「腱」の使い方に問題がありました。「腱」と言われても、理解できなかったのですが「骨」と「筋肉」を固定して力を出せる状態にするのが「腱」の働きで、その「腱」が上手く固定できていないので、球速が速くならないし、フォームが安定しないと相澤さんは丁寧に説明してくれました。 そして相澤さんが考案したベースボールメディカルセンターオリジナルの野球腱トレで「腱」に力を入れる方法を練習しながら行った動作改善療法で、カラダの芯というか軸を感じる事ができ、ボールに全身の力が伝わる感覚を感じ取る事ができました。 野球腱トレは結構キツイですが、そのキツさこそが今の自分の一番必要なものだと確信しています。
相澤さんの指導は今まで自分が実践してきた事とは別次元と思えるほど衝撃的でした!見失いかけていたプロへの道筋が「パッと」と明確になりました!
元読売巨人軍 岸 敬祐投手

ロッテ時代に同僚だった西野投手をはじめ、
プロの一線で活躍している人は必ず理論があって一流選手はすごいなと思っていたけど、、、
衝撃!
「もっと早くカラダの使い方の重要性に気づいていたら」

野球腱トレ推薦02ロッテ時代に同僚だった西野投手をはじめ、プロの一線で活躍している人は必ず理論があって一流選手はすごいなと思っていたけど、「これ」だったのかと。西野投手が相澤さんに指導を受けていることがわかって納得です。ロッテ時代に同僚だった西野投手をはじめ、プロの一線で活躍している人は必ず理論があって一流選手はすごいなと思っていたけど、「これ」だったのかと。西野投手が相澤さんに指導を受けていることがわかって納得です。

もう一度プロへ挑戦!

野球腱トレ推薦03プロに行くには最低でも常時140キロのスピードを取り戻したいのですが、プロでは認められていたフォームが社会人野球の世界では「2段モーション」を取られて、うまくフォーム調整ができず悩む日々。当然プロへの条件と考えている140キロのスピードも戻ることなく、何から手をつけていいか分からない悪循環に。そんな時に相澤さんの存在を知り、すぐに指導してもらうことに。はじめて指導を受けた時に、見失いかけていたプロへの道筋が「パッと」と明確になりました!

ハマった!この感覚が欲しかった!
戻って来た躍動感

野球腱トレ推薦03相澤さんの指導は今まで自分が実践してきた事とは別次元と思えるほど衝撃的でした!実際の動作指導で相澤さんは、知らないうちに生じて習慣になってしまっていた、セットに入った時の「軸足のズレ」を即座に指摘。はまりを修正して投げたら、「ハマった!」失っていた感覚が戻って来た!ガチッと歯車が噛み合うに、自分のフォームにパーン!と弾むような躍動感が戻って来ました。ビックリしました。こんなにすぐに変わる事が出来るなんて。今は一日でも早くこの感覚を自分のものにして、プロでもう一度勝負をしたいと思います!

ベースボールメディカルセンターの指導は「型にはめるのじゃなく、一人ひとりの個性や、やりたい方向性を尊重してくれる」ので吸収しやすいし、自分でも伸びしろがまだまだあるなと実感できます。
坂本工宜 投手
今までの指導だったら、「こうしなさい」と言われる事が多かったので、
実際その動きをやる理由が分からないまま、やる事が多かったのですが、、、
動作もカラダのケア・トレーニングも一緒に見てもらえる!今はベースボールメディカルセンター、一本!

やりたい方向性を尊重した野球腱トレベースボールメディカルセンターを知ったきっかけは、友達の紹介です。関学硬式野球部のピッチャーが、教えてもらうなら「相澤さん。根拠ある指導方法ですごく理解しやすい」って勧めてくれました。高校・大学も含めてチームでの練習では、細かく個人の技術を指導するという事が少なく、技術面も体力面も自分で考えながら練習するスタイルですが、やっぱりそれでは限界があって行き詰まったんです。

それと体力・ケアの面でも通ってた整骨院もあったんですけど、ベースボールメディカルセンターでケア・トレーニングしてもらった時に、以前よりパフォーマンが良くなっている事が多くて、それならベースボールメディカルセンターで「動作もカラダのケア・トレーニング」も一緒に見てもらう方がパフォーマンスアップに直結すると思ったので、今はベースボールメディカルセンター、一本です。

ベースボールメディカルセンターの指導が とにかく分かりやすい!

やりたい方向性を尊重した野球肘野球肩治療指導がとにかく分かりやすい!今までの指導だったら、「こうしなさい」と言われる事が多かったので、実際その動きをやる理由が分からないまま、やる事が多かったのですが、ベースボールメディカルセンターの指導は一つひとつの指導に目的がはっきりしてて、その必要性を理解させてくれる。

それとベースボールメディカルセンターの指導は「型にはめるのじゃなく、一人ひとりの個性や、やりたい方向性を尊重してくれる」ので吸収しやすいし、自分でも伸びしろがまだまだあるなと実感できます。

そして本当にびっくりするくらい急激にスピードが上がって、コントロール良くなりました。スピードは「球速130kmから148km」になりました!!僕の周りの野球関係者の方々も球速18キロのUPに驚いています!また、驚くほど「結果」が付いてくるんです。「本当に今は、野球人生の中で初めて野球が楽しいと思えています!」

今、野球が楽しいんです。 こんなに練習も試合も 野球を楽しいと思えるのは初めてです!

技術指導もすごい野球肘野球肩治療技術指導もすごいし、カラダのケアも十分してくれる。でもベースボールメディカルセンターはそれだけじゃなくて、日々の練習や試合での意識のもち方とか、効果的なウォーミングアップ仕方、試合展開の運び方、打者の特徴別の配球など、野球選手、投手とって必要なすべての要素を伝授してくれることが、僕が信頼してベースボールメディカルセンターに通ってる理由です。

分かりやすいとこでは球速130kmだったスピードが「148km」になりました!実は大学準硬式界では球速140km超えているのは僕を含めて2名だけなんです。球速148kmがでるようになって、明らかにピッチングが変わりました。それとバッターの反応も急激に変わりました。

球速148kmの速球とスロー系のボールとの球速差が40キロ近くでるようになって、本当にびっくりするほど変化球によく引っかかってくれます。球速が上がったおかげで、ピッチングの幅がグンっと広がりました。そのおかげで関西選抜にも選ばれました!

実際の試合を見に来ていただけると嬉しいです。

相澤さんの野球肘野球肩治療指導がとにかく分かりやすい!相澤さんの指導を実際のマウンドで受けたいです!

スパイクを履いて、マウンドの傾斜を使えるなかで指導を受けてみたいですね。あと、実際の試合を見に来ていただけると嬉しいです。

相澤さんに教えてもらってる技術面だけじゃなくで、実際の試合のマウンドさばきや立ち振る舞いなど、改善すべきところはまだまだあると思うので、投げているところを見てほしいです。

推薦の声のページ
Top
メニュー
slidemenu-close